足の裏 硬い 角質 タコ角質が分厚くなってくると足の裏が硬くなり
汚いタコや魚の目
が出来てしまいます・・・。

 

 

 

人の肌にはどの部分にも皮脂腺があり、そこから分泌される皮脂や角質が
肌を乾燥から守ってくれています。

 

 

 

ですが、足の裏には皮脂腺がなく体の重さを支えることで皮膚が足の裏を守ろうとして
角質が分厚くなってしまうんです。

 

皮脂腺が無く角質が分厚くなるということは乾燥しやすい部分であり
ひび割れを起こしやすくなってしまいます。

 

酷い状態の人はひび割れた部分に雑菌が入ってしまい腫れたり膿が出来たりします。

 

見えない部分だからといって油断は禁物です。
足の裏を乾燥から守るにはどうしたらよいのでしょう。

 

基本は肌のスキンケアと同じです。

 

足の裏 硬い 角質足の裏は皮膚の中で刺激に強い部分です。
顔や背中などにはピーリングという方法で、逆に乾燥しやすくなってしまった人もいますが
足の裏だとそのような心配はないでしょう。

 

角質が分厚くなっていると表面が硬いなるのでわかります。
そんなときは入浴中に要らなくなった角質を取ることが大切です。
水分をたっぷり含んだ状態になるので皮膚がやわらかくなり
角質が落ちやすくなっていきます。

 

そこで使うものが軽石です。
昔から使われているものですが、表面をこすりポロポロと角質を落としてください。
でも、あまり強くこすりすぎると痛くなるので注意しましょう。

 

角質を落としてしまうと、今まで空気に触れていなかった新しい角質が表面にさらけ出されます。
一気に乾燥してしまうので、肌と同じように保湿しましょう。

 

足の裏を保湿するには尿素が良いでしょう。
尿素は、体の中にもとからある保湿成分で
余分な角質を落としたりやわらかくする効果があります。

角質のせいで硬い足の裏にはすごくいいものなんです。

 

見える部分だけを保湿するのではなく、見えない部分もスキンケアして綺麗になりませんか?