225ぷるぷるした美肌を作る為にはコラーゲンが必要不可欠です。

コラーゲンという言葉はよく聞きますが、
コラーゲンって一体どういうものなのでしょう?
TVや雑誌でいつも聞く言葉ですが
美肌とコラーゲンの関係って?

 

コラーゲンとはタンパク質の一種で、繊維状のような構造を肌の中に つくる性質をもってます。
このコラーゲンは、

●皮膚
●筋肉や骨
●内蔵

などのあらゆる所に存在します。

226

左図を参照

コラーゲンは肌の中の真皮の中に存在します。
図を見ると分かるように
真皮の70%はコラーゲンで構成されてます。

 

コラーゲンはまるでゴムのような性質があります
コラーゲンがしっかりした肌は
押してもスグに元に戻ります。
また伸縮性にも長けています。

しかし、紫外線や加齢によって劣化していくと
弾力性を失ったゴムのように弾力が無くなります。

 

また、残念な事に、コラーゲンはターンオーバーしません。
コラーゲンは、繊維芽細胞という細胞から作りだされるのですが、
古くなったコラーゲンは酸素により分解されてしまうんです。

 

コラーゲンはターンオーバーしないと言いましたが、
非常に微力ながらの新陳代謝は行われています。
しかし、真皮の中のコラーゲンが完全に代謝するのに2~6年かかります
(この周期は年齢や個人差によります)

 

さらに、この代謝するのも40代までが限界です。
40代を過ぎると、コラーゲンが自らの力で新しく作られる事はありません。
これがシワとたるみの原因なのです。

 

真皮にコラーゲンが多いと美肌になる

悲観的な話ばかりしましたが、コラーゲンは食べる事で増やす事ができます
さらに詳しく言えば、コラーゲンを含む食材を取る事で自分のコラーゲンも増えるのですが
食べたらすぐにコラーゲンに変化するわけではありません。

 

まず、アミノ酸のい分解されてから、コラーゲンになるのです。
ちょっとしたタイムラグがあり、全てが自分のコラーゲンになる訳ではありません。
分かりやすく言えば、少量のコラーゲンを含む食材を摂取してもさほど意味はありません

その為、、日頃から積極的にコラーゲンを含む食材を摂取しましょう。
量は多い方が効果があります。