皮膚 老化現象皮膚の老化現象に打つ手はないのでしょうか・・・。

 

呼吸するたびに生み出してしまう活性酸素。
年を重ねるごとにコラーゲンや皮脂量が低下してしまい
肌機能が十分に働かなくなる老化。

 

 

 

このようなことで肌荒れ、シミ、ソバカス、ニキビなど
トラブルに悩んではいませんか?
なかなか治らなかったり、荒れやすくなったと感じたら
きちんと対策する必要があります。

 

肌に栄養を与えて元気を取り戻す

 

肌には、潤いを保つことが出来る働きと
余分な角質を剥がして表面を新しい肌へと生まれ変わらせる働きがあります。

 

この二つを働かせることによって老化を抑えることが出来るんです。
そのためには
○肌に優しくなること。
○潤いを持続させるために必要な成分を知ること。

これが重要な部分です。

 

老化から守る働きのある成分とは
甘草エキス、ポリフェノール、ナイアシン、ビタミンC誘導体など
肌内部にもともとある皮脂の分泌を調節してくれるものや
コラーゲンが浸透しやすいようにするものが効果的でおすすめです。
肌への負担を少ないので、敏感肌の人にも使えます。

 

角質を剥がし、バリア機能を高めることも大切

 

皮膚の老化現象角質には外部からの菌が侵入しないのを防いだり
内側で作られている保湿成分を蒸発させないためにあるものです。

 

なので、空気にさらされていたり皮脂と
密接している部分なので
汚れたり機能が低下してしまいます。

 

角質を剥がすことにより新しい角質細胞が生まれ
綺麗で正常な機能を果たす肌が生まれてくるのです。

 

自然に剥がれてくれることが理想ですが、
それには乾燥させないことや刺激を与えないことが必要です。

避けては通れないのが肌機能全体の老化現象です。

 

そこで薬の力を使って角質を剥がすという方法があります。
グリコール酸やレチノール、フルーツ酸などを肌に塗って優しくマッサージすると
垢のようなものがポロポロと出てくるのです。

 

でも、肌に刺激を与えているので
角質を剥がした後は保湿をして終わらせてください。

 

サリチル酸や乳酸、レチノールなどと呼ばれている成分も
コラーゲンを増やしたり、ピーリングの働きがあるので使ってみてください。

 

皮膚の老化現象は止める事は出来ません。
でも、スキンケア次第ではゆっくりすることも可能ですし
若返ることも出来るのです。