目の下 くま目の下のクマの原因を知り無くす方法を知りましょう。

 

クマには三種類あり、自分がどのクマなのか
知っておくことで
改善出来るので調べてみる必要があります。

 

 

皮膚は乾燥してしまうことで、弱くなりトラブルを起こしやすいものです。
目の周辺は皮膚の中でも特に薄くて敏感な部分です。

 

 

まぶたを動かすことで血液の流れは比較的良いですが
スキンケアが難しく、見落としがちなんです。

 

 

クマは加齢も関係していますが、代謝や皮膚のたるみ、
コラーゲン不足などもあります。

 

 

メイクで隠せないほどのクマで悩んでいる人もいるはずです。
予防と対処をして目立たないようにしていきましょう。

 

 

この中であなたのクマはどの種類ですか?

 

自分に出来ているものはどの種類か知ることで改善できます。

 

○茶グマ
シミのようなものが出来たと思ったら、どんどん周囲に出来始めます。
それが原因で、目の下がクマのようになってしまいます。
目の近くに湿疹のようなものが出来やすい人や、目をよく掻いてしまう人が
茶グマになりやすいです。
シミは、角質が分厚くなっていてターンオーバーがうまく出来ていないと
濃くなったり増えたりします。
シミや角質が厚くなっているのが茶グマの原因なので
ピーリングや目の周りをしっかりスキンケアすると改善されます。

 

 

○青グマ
クマが出来てしまう周辺は血管が多い場所です。
血液の流れが悪かったり、皮膚が薄い人がこの青グマです。
改善方法は代謝を上げて血液の循環をよくすることや、皮膚の厚みを増すために
コラーゲンを使ったスキンケアをするとよいでしょう。

 

 

○黒グマ
この黒グマが一番多くメイクをしても消えないほど目立つものです。
年齢を重ねるとともに皮膚の強さも無くなっていきます。
弱くなった目の周辺の皮膚が突き出して影となります。
これは肌がたるんで出来るものなので、たるみをなくしましょう。

 

 

皮膚のたるみにはコラーゲンを使えばいいのでスキンケアを徹底しましょう。
このように、改善方法が違うので自分に当てはまるものはどれかを知って
クマを無くしたり薄くして悩まないようにしていきましょう。

 

 

目の下に黒ずんだものが現れるとクマが出来たと思われがちですが
3種類に分類することができます。