セラミドを増やすことが最善の乾燥対策になります。
 

 

セラミド不足セラミドを増やすいい方法はないのでしょうか。

 

「カサカサしているから保湿しているけどなかなか潤わない。」
という人がいますが、保湿剤をセラミドが入っているものを使うといいかもしれません。

 

 

その理由は、皮膚の角質と呼ばれるところに細胞があり
細胞はひとつひとつ脂質の一種でもあるセラミドで結合されているからです。

 

セラミドが無くなってしまうと
肌に必要な水分が80パーセントほど無くなってしまいます。

ラメラ構造とは、ハンバーガーのような形のことをいいます。
そこに入った水は、空気中にある水分が無くなった状態になっても
蒸発させないことが出来るんです。

ラメラ構造をきちんと作るためにもセラミドは大切なものなんです。

 

肌に必要な水分を保っていくためにはセラミドが絶対に必要なので
今使っているものにセラミドが配合されてなかったら変えたほうがいいですよ。

 

セラミドを増やすためには何が必要なのか。

セラミド不足2

角質が自然に剥がれ落ちることをターンオーバーといいますが
正常なターンオーバーの周期ではなかったり
肌トラブルが原因で汚い角質が綺麗に剥がれ落ちないこともあります。

 

○ターンオーバがきちんと出来ていない
○年を取っていく

 

このようなことで、セラミドも減少してしまいます・・・。

 

年を重ねることはどうにも出来ませんし
ターンオーバーを正常にするのも時間がかかってしまいます。

 

 

ターンオーバーを活性化させるためには
エステや皮膚科などで出来るピーリングという方法もありますが
受けた後のケアにはものすごく気を遣わなければいけません。

 

 

角質を無理やり剥ぎ取るので肌へのダメージが大きいんです・・・。

 

簡単にセラミドを補う方法は
今使っている保湿剤をセラミドがたくさん含まれているものに変えること!

 

今使っているものにも入っているのに乾燥が治らない人は
配合量が少ない可能性もあります。

 

 

いろいろな種類の保湿剤を見て
慎重に選び使っていけば、カサカサ肌とはさよなら出来ますよ。