ピーリング しみシミには、皮膚科で行うピーリングが効果があります。

 

肌にはバリア機能があり、その部分が角質というところです。
外からのばい菌や表面が乾燥しても内側の水分を守ってくれる働きがあります。
ですが、シミが出来てしまっている人はこの角質がうまく機能していないんです。

 

 

角質は一定の周期で自然に剥がれ落ちるもの。
それをターンオーバーと呼びますが、
シミが薄くならずにそのまま残っている人は
ターンオーバーの周期が遅くなっていてなかなか消えません。

 

 

角質が少しずつ剥がれることにより、シミが出来ている部分も少しずつ剥がれるんです。
時間はかかっても綺麗になる可能性はあります。

 

出来てしまったシミを薄くしながら予防する

 

 

ターンオーバをうまく機能させるにはこのような方法があります。

 

○皮膚科でピーリングを行う
○ピーリングジェルや石鹸を使い自分で行う
○健康な肌を作るために保湿ケアをする
○刺激を与えないように衣類やケア用品にこだわる
○規則正しい生活、栄養バランスの良い食生活を心がける
○ストレスをためずしっかりと睡眠を取る

 

中でもピーリングは薬の力を使って行うので効果が早く出てくるんです。

 

よく「ピーリングは肌が荒れたりする」ということを聞くと思いますが
ピーリングが悪いのではなく、その後にきちんと保湿することが出来ないので
バリア機能が無くなった肌がトラブルを起こしてしまいます。

 

現在出来ているシミにはピーリングかレーザー治療でしか消すことが出来ないので
きちんと保湿をして肌荒れを起こさないようにしましょう。

 

ピーリング後の肌は化粧水が浸透しやすい

ピーリング 美容液今まで分厚くなっていた角質が剥がされることにより
肌の内側まで美白成分が通りやすくなります。

 

シミは、目には見えない肌の内側で作られるメラニンが原因なので作られないように阻止しなければいけません。

 

 

 

美白成分がその手助けをしてくれるので
ピーリングをした後に美白成分の入ったクリームや美容液を使っていると
メラニンが作られにくくなりシミになりにくくなります。

 

肌に合ったスキンケアをしてシミとは無縁の肌作りをしていきましょう。