kan30代になると肌の乾燥が目立ち、
カサカサ、口の周りに粉が吹いたりしませんか?
女性はとくに年齢を重ねるごとに乾燥肌になる方が多いのです。

では、乾燥肌とは何なのでしょう?
人によっては、
●肌がカサカサしてる事
●突っ張った感じがする事
このような答えが返ってくると思います。
ですが、乾燥肌をキチンと説明できる人はほとんどいません・・・

 

乾燥肌とは保湿成分がなくなってる事

kan1通常、健康な肌、ツルツルの肌の場合、
肌の奥、角質層に約30%の水分が含まれています。

逆に30%以下しか水分がないと
空気が乾いた時、冬やエアコンの効いた部屋にいると
角質層から水分が蒸発し、肌がカサカサになるのです。

 

 

健康な肌の場合、水分を守る「保湿効果」があります。
保湿効果がキチンとあると、たとえ部屋の中や外気が湿度0%でも水分は蒸発しません。
保湿効果が十分に働いているから角質層の水分を守ってくれます。
肌の保湿効果が薄れてきた時に肌の水分が奪われ乾燥肌になるのです。

乾燥肌はガサガサやヒリヒリ感の原因ですし、
肌荒れやニキビの原因にもなります。
保湿成分は美しい肌を守るためのバリアーの役割をはたしているんですね。

 

なぜ保湿成分が無くなるのか?

保湿成分を作る上で最も重要なのはセラミド。
セラミドは角質細胞間脂質の一種で、
角質細胞同士をつな合わせてる脂質です。

kan2

 

 

 

 

 

 

角質細胞間脂質は肌の水分を守り、
外気、外界からの刺激がら肌を守る役割をはたしています。
角質細胞の約40%はセラミドで構成されてますから
セラミドの減少が保湿効果の減少に大きな影響を与えます。

セラミド、保湿効果は年齢とともに生産性は減ってきます。
また、角質層の水分も同時に減ってくるので、
年をとるにつれ、乾燥肌になりやすいのです。

保湿成分がなくなると何一つ良い事はない

保湿成分がなくなると乾燥肌になるのですが、
●シワが増える
●肌が荒れて化粧がのらない・・
●大人ニキビが増える・・
●シミが出てくる

このような事が起きます。

 

年齢を重ねるごとにこの症状は大きくなっていきます。

 

これは、乾燥によって肌の角質層が厚くなる為におこります。
角質層は本来、外からの刺激から守るためにあるので、
乾燥して角質のバリア機能が低下すると
さらに肌を守ろうとして、厚くなっていきます。

 

ですが、この時に急いで角質層を作ろうとするので
未熟なままの角質細胞ができてしまいます

 

表皮細胞から角質細胞に変わっていく過程を「角化(ターンオーバー)」といいますが、
角化(ターンオーバー)は通常28日かかります。
この角化(ターンオーバー)の過程でセラミドも作られる訳ですから
角化(ターンオーバー)は肌にとってとても大切なものなのです。

 

肌が乾燥気味になり、肌は急きょ角化を起こし
未熟な角質細胞ばかりを作る・・・

 

こうなると肌の悪循環の始まりです。

慢性的な肌荒れや、湿疹や赤みは皮膚が厚くなった状態なのです。

 

こういう肌の状態になったら
角化(ターンオーバー)の循環を正常に戻す為に
ピーリングして余分な角質を取り除く事も有効です。

 

ですが、ピーリングをするにしても
効果のある保湿を心がけなければいけません。