美白成分美白成分がきちんと入っている化粧品を使っていますか?

シミはメラニンが過剰に作り出されて出来るものですが
美白成分を含んだ化粧品を使っていれば自然と消えることがあるのです。

 

化粧品の名前が美白になりそうなものだからといって購入していませんか?
パッケージに書いてある成分を確認してから使いましょう。

 

 

美白成分=メラニンが作られることを防ぐ

美白 成分

肌が白くなるということはメラニンの分泌量が少ないということです。
紫外線によって増えていきますが、美白成分で防ぐことが出来ます。

 

肌にシミが出来るのは、表面の皮膚細胞が紫外線に当たると
エンドセリンというものが内部に作り出されます。
それがメラノサイトという色素が出来る部分に伝わると
メラニンが作られていきます。

 

このときにチロシナーゼという酵素も出来ます。
酵素が働くことによって表面にメラニンが行き渡っていきます。

 

美白成分はエンドセリンや、メラニンを表面に運ぶプロスタグランジン、
チロシナーゼなどを抑えてくれる働きがあるんです。
なので、シミを作らない環境にするにはとても重要なものなんです。

美白成分と呼ばれるものはどんなもの?

美白成分といっても、9種類あります。
○リノール酸
○カモミラET
○トラネキムサン
○tiAMCHA
○ビタミンC誘導体
○ルシノール
○エラグ酸
○アルブチン
○プラセンタエキス

 

上記のものは厚生労働省が美白成分と認めているので
効果が期待できるものです。

 

ですが、人によっては成分で肌荒れを起こしてしまうこともあるので
自分で使ってみないとわからないのが現状です・・・。
ニキビ跡などは美白成分では消すことは出来ません。
肌が傷ついて細胞が壊れてしまっているので角質を剥がすことが有効的です。

 

シミのない美肌になるためには美白成分の含まれたものを試して
効果があるものは継続的に使用しましょう。