308化粧水って何の為にあるのでしょうか?
CMや雑誌で何かと取り上げられてる化粧水。
肌への重要性はどの位あるのでしょうか?
どんな化粧水が効果的なんでしょうか?

効果的な化粧水選びとは?

 

化粧水って一体何の為にあるのでしょう?
保湿効果はあまりないけど、
なんとなくみずみずしくなったような気分になるから使ってるようなものです。
極論を言ってしまえば、スキンケアにおいて
化粧水は必要ないと言っていいかもしれません。

 

ただし、最近ではビタミンC誘導体を含んだ化粧水が出ています
ビタミンC誘導体は、クリームなどよりも
水に配合した方が安定性の良い成分なので、
化粧水に配合して使うのが正しい使い方と言えます。
化粧水の中でもこのような有効成分を含む化粧水を使うのは
非常に意味のある事です。

 

化粧水を選ぶ際は、ビタミンC誘導体を含み、
その他のいろんな成分を含まない、シンプルな物が良いでしょう。

スキンケアは手でおこないましょう

化粧水をつける時は手でつけるのがよいのでしょうか?
それともコットンでつけるのがよいのでしょうか?

 

コットンはどんなに上質な物を使っても
繊維の刺激で肌に小さな傷ができやすいのです。
もし、角質層が傷付けば、そこから肌の潤い成分が流れ出し、
外側からの刺激は中に入って来てしまします。
そうなれば、肌は乾燥し、肌老化を招く原因となります。

 

本来であれば普段のスキンケアでコットンを使用する必要性はありません。
化粧水でも美容液でも乳液でも、手でつければ十分です。
たまに手で付けるとムラになるとかいう話を聞きますが、
それらは俗説であり、コットンを売るための意見だととらえて結構です。

 

化粧水や美容液、乳液は、手にとった後、
肌を抑えるようにしながら、手の平や指の腹で押さえるようにします。
また、肌を引き締める為に肌をパンパンたたく人がいますが
強い刺激は赤ら顔やシミの原因になります。
もし、血行をよくしたいのであれば、
ツボ押しマッサージなどが効果的でしょう。