唇が荒れる唇が荒れるとグロスや口紅が
綺麗に塗れませんよね・・・。

 

唇を擦ってしまったり、乾燥していたりすると
皮がむけたりガサガサで汚い唇になってしまいます。

 

だからといって口紅やグロスをしないわけにもいきません。

 

 

ガサガサの状態で塗ってしまうとうまく塗れずに
汚い唇がかなり目立ってしまいます。

 

唇も肌と同じで、保湿することで綺麗になっていくんです。

 

荒れる唇には刺激を与えず、保湿すること。

皮膚の場合と同じように、唇にも皮脂腺や角質層があります。
でも、とても薄くて少ないので乾燥しやすい場所といえます。

 

皮がむけているからといって剥がしたり
痒いから、気になるからといって舐めたりしてはいけません。

 

唾液では保湿出来ません・・・。唇の状態をもっと悪化させてしまいます。

唇を保湿するのに効果的な方法は
肌に優しいといわれているワセリンを塗り
その上から蜂蜜を塗ってラップをすることです。

 

「リップクリームじゃいけないの?」と思いますよね?

 

効果がないわけではありませんが、保湿成分以外にもいろいろなものが含まれています。

 

皮脂腺や角質があまり無い唇は敏感なんです。
荒れるということは、刺激に弱くなっている証拠。
天然物である蜂蜜や、アトピーを治すのにも使われているワセリンで
塗ったほうが、刺激は少なく保湿にも適しています。

 

唇が荒れているときにはリップグロスや口紅は避けること。

唇が荒れる2

なかなか難しいことかもしれませんが、
グロスや口紅の刺激は大きく、荒れた状態で使ってしまうのは
オススメできません・・・。

 

どうしてもという人は
敏感な唇のために作られている口紅があるので
保湿をした後に塗ったり、低刺激のリップクリームを
下地として塗ってから使ってください。

 

 

 

 

美肌になるために保湿をするように
美しい唇になるためには毎日保湿して乾燥させないようにしましょう。