ビタミンC誘導体ニキビ跡の種類によってはビタミンC誘導体で消すことが出来ます。

 

 

ニキビが跡になってしまって、肌にコンプレックスを持ってはいませんか?
ファンデやコンシーラーで隠せるならまだマシなほうかもしれませんが、
きちんと隠せていないかもしれません・・・。

 

 

 

 

実は、ニキビ跡というものは治るものなんですよ。
なので隠すことは止めて治すことに専念していきましょう。

 

あなたのニキビ跡はどれにあてはまりますか?

ニキビ跡ニキビ跡には、跡が残る前のニキビの進行状態と肌の抵抗力によって変わってきます。
主に三種類のニキビ跡があります。

 

○ボコボコしているもの
○赤い湿疹のようなもの
○茶色いシミのようなもの

 

 

 

 

始めのボコボコしているものは、自分で治すのは難しいものです。
なぜなら、皮膚がえぐれたようになっていて傷が付いているからです。
ニキビが皮膚の表面ではなく奥から出来ていきます。
深くまで炎症を起こしてしまい、毛穴や角質細胞が破壊されているので再生は困難な状態です。
ですが、皮膚科でピーリングをしたら個人差はありますが改善されることもあります。

 

 

残りの二つは自分で治す、薄くすることが可能なニキビ跡です。
どちらも色素が定着しているだけで、肌のターンオーバー機能を使えば
自分の力で治せます。

 

 

 

ターンオーバーとは、角質を新しいものに変えることです。
古い角質は正常ならば約一ヶ月後に見えませんが剥がれ落ちます。
その働きをうまく利用すればよいのです。

 

 

そのためには、肌を健康的にすることです。
ビタミンC誘導体は、肌を元気にする作用があるので
ビタミンC誘導体の入っているスキンケア用品を選び、毎日行いましょう。

 

 

肌だけではいけません。体の内側から健康的でないと皮膚はうまく働かないので
規則正しい生活、食生活も気をつけて生活していくことが大切です。