ニキビ跡の赤みを消したい。
頬やアゴのニキビ跡が赤く目立って
自分の顔に自身が持てない

どんなにケアしてもニキビ跡が消えない…
頬やアゴなどのニキビ跡は赤みを伴い
どんなケアをしても消えない…

こんな人はかなり多いのではないでしょうか?
ニキビは初期段階ならば
市販の洗顔や保湿液で治る可能性もありますが
ニキビ跡は、普通のスキンケアでは難しく
皮膚科治療でも困難だと言われます

どうすればニキビ跡の赤みを消す事ができるのか?

ニキビ跡の赤い状態は角質層の奥の真皮まで
炎症が到達していて肌奥が常に炎症を起こしてる状態。
角質層の奥は自己修復できませんから
外部から炎症を抑える必要があります。

ですが、角質層の奥の炎症を抑えるスキンケアは
ほとんどありません。
ほとんどのスキンケアは浸透力が弱いんです。

また真皮層は自己修復できませんから
自然に治る事は100%ありません。
ですからニキビ跡は治らないんですね。

角質層の炎症を抑える為には粒子の細かい
ビタミンC誘導体とグリチル酸が効果的です。
どれも有名なので聞いた事ありませんか?

グリチル酸は皮膚科でも処方させる位、
ニキビケアには必須の成分です。

ニキビ跡にはビタミンC誘導体が効果的です。

ビタミンC誘導体はニキビ跡を治すだけでなく
ターンオーバーの活性化、シミ消し効果
毛穴のひきしめ効果など肌を美しくする効果がバツグンです。

ニキビ痕の赤みを消す場合は
浸透力の強いビタミンC誘導体がオススメです
シミのようなニキビ跡の原因の
メラニンの生成を抑える事ができます。

またターンオーバーも活性化させるので
使ってるウチに若々しい透明感のある肌を
作ってくれるのです。

芸能人やモデルがビタミンC誘導体を
使ってる理由がわかりますね。

 

⇒ニキビ跡の赤みを消す方法