肌荒れブツブツ肌荒れでブツブツが肌に出来てしまったり、
乾燥してしまうことは
いろいろな原因が考えられます。

 

皮膚科へ相談する前に自分でも出来ることがあるので
見つめなおしてみてはいかかでしょうか。

 

肌荒れでブツブツが出来るきっかけは
○偏った食生活
○仕事や育児などのストレス
○睡眠不足
といった普段の生活習慣や精神的なものが多いんです・・・。

 

辛いものやコーヒーなどに含まれるカフェインも摂りすぎてしまってはいけません。
カフェインは、血流を脳に流れやすくするため
栄養分が肌に届きにくくなってしまいます。

 

辛いものは内臓にとって刺激物になります。
汗をかいて血行がよくなることもありますが
内臓の機能が低下することでも肌が荒れてしまうので油断はできません。

 

 

肌が荒れていると思ったら刺激になるようなことは避ける

 

肌荒れ ぶつぶつ「肌がかゆい」「つっぱった感じがする」「赤みやブツブツが出来ている」
このような症状があるときは、肌が弱っているので
刺激を与えてしまうことは厳禁です。

 

化粧品や洗顔に使う石鹸が合わないこともありますが、
もっと刺激になるものがあります。

それは、メイク落としや毛穴の汚れを落とすクレンジングなんです。

 

「化粧品を肌に優しいものに変えたのに症状が改善されない」
という人が多く、見逃しやすい部分です。

 

メイク落としはコットンで拭き取るのではなく
きちんと洗い流して使うタイプのものがいいでしょう。
保湿成分はほとんど入っていないのにそのまま放置してしまうと
肌に必要な水分が蒸発して乾燥してしまいますよ。

 

また、毛穴の汚れを落とすには
お風呂に入って毛穴が開いた状態にして、石鹸を泡立て優しく洗うだけでも効果はあります。
一気に落とすのではなく、毎日少しずつ落として綺麗にすることが大切なことです。

 

紫外線も肌には刺激となりますが
汗や水に強いウォータープルーフやSPFの数字が大きいものは
敏感になっている肌にとって強い刺激になってしまいます

 

このようなことが肌荒れの原因かもしれないので
生活習慣と共にもう一度見直して美肌を目指してみてはいかがでしょうか?