にきびニキビが治らないのは、アクネ菌や
皮脂が多いからでは無いかもしれません。

 

肌には常にアクネ菌や皮脂があります。
突然出来るニキビがこの二つが原因とは限りません。

 

 

 

 

確かに皮脂が多くなり、表面に菌が繁殖しやすい環境が出来ていたり
アクネ菌がニキビを作り出すことは考えられますが
皮脂が多いのは乾燥肌だからです。
そして、アクネ菌が増殖してしまうのは毛穴が詰まっていたり
角質が分厚くなっているのでニキビが治らないんです。

 

 

洗浄力の強いクレンジングは逆効果

 

にきび だめ「アクネ菌を退治する」「スクラブで毛穴汚れを落とす」
などが書いてある洗顔料がありますが、肌には刺激が強い場合があります。

 

アクネ菌も皮脂も皮膚には必要なもので、必要以上に落としてしまうと
乾燥したり抵抗力を無くして、ニキビがさらに悪化したり広がります。

 

 

ニキビを最短で治すには、肌に刺激となるようなものを避けることです。
時間はかかるかもしれませんが、赤ん坊にも使えるような低刺激のものを使って
クレンジングをしたほうがよいでしょう。
そのほうが、にきびが出来にくい美肌へと繋がります。

 

 

角質が分厚くなるのはホルモンバランスのせい

 

 

皮膚の問題ではなくホルモンが関係している場合もあります。
月経が不順だったり、ストレス、生活リズムや環境が変わることにより
体や皮膚に負担がかかっていることがあります。

 

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと肌機能も低下してしまいます。
代謝が悪くなってしまったり、体がストレスを感じてしまうからです。
角質も月経と同じで剥がれて生まれ変わります。
遅れてしまうと、角質がどんどん溜まってしまい
本来の働きを十分に発揮できませんし、皮脂の通り道となる毛穴を塞いで詰まらせます。

 

 

角質が分厚くなったしまった場合、ピーリング治療で改善されますが
治療後はきちんと保湿しないと乾燥肌となってしまいます。
皮脂やニキビが増加してしまうので注意しましょう

 

 

ニキビが治らないのは、様々なことが考えられるので判断しづらいものです。
なので、日頃の生活やスキンケアを見直してニキビを治していきましょう。