264美肌を作る為にはクレンジングと洗顔のダブル洗顔が大切です。
しかし、一言でクレンジングとか洗顔といっても
いろんな種類がありますよね。
特に、クレンジング剤はジェルタイプやオイルタイプ等多岐に渡ります。
はたして一番良いものは何なのでしょうか?
毎日使うものだから、ここは重要なポイントです。

美肌を作る為に重要なクレンジング剤、
現在ではジェル・オイル・クリームなどいろんな種類がありますが
肌への刺激が一番少ないものはクリームタイプのクレンジング剤です。
洗い流せるクリームタイプが一番良いのです。
もしくは乳化したジェルタイプ(透明ではなく白いもの)も効果的です。

 

美肌の為に大切なクレンジングですが、
じつは日々のスキンケアアイテムの中で
一番肌を傷めやすいのがクレンジング剤です。
クレンジング剤だけはなるべく良いものを選んで
肌をやさしくいたわってあげるのが美肌を作るポイントになってきます。

 

また、クリームタイプのクレンジング剤は
保湿力が非常に高い事えも有名です。
一時期、「ベタつく」という事で人気は低迷しましたが、
やはり、本来の美肌を望む方が増え、
保湿力を高める事に注目した場合、クリームタイプのクレンジングを
お使いになられる方が増えてきました。

クリーム以外のクレンジング剤は?

美肌に関が高まってる昨今では、
オイルタイプのクレンジング剤も多く発売されてます。
オイルタイプも別に悪くはありません。
ただし、クリームタイプよりも洗浄力が強い為、
使用法や用量などをキッチリ守るのがベストです。

 

リキッドタイプやジェルタイプもオイル同様で
洗浄力は強いのですが使用法、用量を必ず守る事。
さらにつよくこすらない事が重要です。
面倒なクレンジングを早く終わらせたいという方には
最適ですが、使用法を間違えると肌を炒める原因にもなりえます。

ミルクタイプのクレンジング剤は?

最近、ミルクタイプのクレンジング剤もかなり人気のようです。
ですが、ミルクタイプは水気が多い為、化粧品との馴染みが
あまりよくありません。
結果、落ちにくく、強く肌をこすってしまうケースが考えられます。

 

軽めのメイクの時は良いのですが、
ファンデーションを使った時などはあまりオススメしません。
また、時間がないからという理由で
シート状のものや吹きとるだけのものがありますが
これはかなり肌を痛めます。
肌が弱い人が毎日使うと赤ら顔やシミの原因になる事もあります。

総合的にいうと・・・

敏感肌の人、肌が弱い人の場合は
クリームタイプのクレンジング剤がオススメです。

また、肌がそんなに弱くない、
洗浄力重視で選びたい人は
オイル・ジェルタイプのクレンジングでも良いと思います。
(ただし、用量・使用法をまもる事)

 

クレンジング剤はどれを選ぶにしても
品質重視で選ぶべきです
間違っても値段が安いからという理由で選ぶのは厳禁です。
クレンジングが少しでも合ってないと
その後にどんなスキンケアをしても美肌は手に入れる事ができません。