303便利になった現代では、「洗わないスキンケア」というのが流行りのようです。
簡単に手っ取り早く洗顔を終わらせる為に
朝は洗顔料を使わずに水で洗い流すだけだとか
夜はクレンジング料で拭きとるだけという人も増えてきています。
美肌を作る上ではこれは非常に危険なことなのですが・・・・

 

洗顔料を使わない洗顔は、肌に脂分が残ったままになるので
肌の中で油分が酸化し、肌の老化の原因に繋がります。

 

美肌を作る上で朝晩、石鹸や洗顔料で顔を洗う事は
基本中の基本になります。
例え、洗顔で顔や肌の油分が落ちてもスキンケア用品で補えば良いのです。
洗顔料や石鹸を使わずに、肌の油分を残しておくよりも
よっぽど衛生的で、肌の老化を防いでくれます。

 

「じゃあどうやって洗えばいいの?」
こんな声が聞こえてきそうです。
キレイで若々しい肌を作る(保つ)には がポイントです。
洗顔料は通常、肌に乗せるだけで汚れを浮き上がらせてくれます。

 

304洗顔料を顔全体に広げ、肌をこすらずになじませていくのが
正しい洗顔の方法なのですが、
この時、一番効果的なのは、たっぷりの泡を使う事です。
洗顔料を手にとり、たっぷりと泡立てた後、
その泡を指と顔の間にクッションを挟んだ状態にして洗うのです。

 

たっぷりの泡を使った洗顔のコツは
「顔が卵だったら」という感覚で、強すぎず、弱すぎず洗っていく事がポイントです。
洗う順番は、顔の中でも一番皮膚が弱いTゾーンから泡を乗せていきます
次に、頬などのUゾーンに泡をのせてなじませて、
最後に皮膚が最も弱い目元、口元に泡をのせていきます

305

 

 

 

 

 

 

すすぎはぬるま湯を使い、丁寧に洗い流していきます。
すすぎの時に肌に油分が残ってるかどうかは指触りでわかるハズです。
もし、Tゾーンに油分が残ってる場合は
Tゾーンだけ軽めに2回洗ってもよいと思います。
仕上げは鏡で軽く抑えるように水分をとります。