273クレンジング剤の正しい使いか方を知ってるかどうかで
肌の潤いや美肌効果はかなり変わってきます。

普段何気なく使ってるクレンジング剤にも
正しい使い方という物が存在します。
まずは基本の使い方を学びましょう。

クレンジング剤は、肌が濡れていない状態でなじませていきます
まず、顔の中でも皮膚が比較的強い部分、
おでこなどを含むTゾーンから伸ばしていきます。

次に頬へのUゾーンへ広げていき、
最後に、一番皮膚が弱くて弱い目元と口もとにのばします。
最後にぬるま湯で流すと終了です。
これが正しいクレンジングの方法です。

 

通常、クレンジングにかかる時間は約1分位で
クレンジング剤は皮膚に負担がかかるので、
なるべく短時間でキレイに洗い落とすのが基本です。

 

もし、目元などのポイントメイクが落ちにくい場合は
その部分だけオリーブオイルで軽く拭きとるのが効果的です。
薬局などで売られているオリーブオイルをコットンになじませ
目元や口元に1分ほど乗せておきます。
この後、クレンジング剤で顔を洗い落とします。

 

また、クレンジング剤をぬるま湯で流した時点で
化粧品が落ちてなくても、その後の洗顔で落ちるので問題ありません。
これをクレンジングだけで洗い落そうとすると
肌への負担が大きくなり、肌荒れの原因となります。

 

分かりやすく言えば、
メイクを完全に洗い流そうとして、肌を強くこするくらいなら、
少し残ってる位の方が肌への負担はかかりません。
そして重要な事はクレンジング剤を使う時は
ケチったりせず、量はたっぷり使う事が重要です。

 

すすぎは、ぬるま湯を使い、短時間で行います。
「洗っても肌がベタつくから」という理由で
熱いお湯を使ったり、何度も繰り返していると
肌の感想を招く事になります。