紫外線 光老化光老化とは紫外線の光で肌が衰えて
ボロボロになっていくことです。

 

綺麗な肌の場合、紫外線を浴びても
影響がないように思いますよね。

 

 

でも、どんどん肌の内側に溜まっていってしまうので、
後々一気に肌の状態が悪くなることもあります。

 

今はなんとも無くても、
数年後にはシミやくすみなどで悩む可能性もあるんです。

 

 

それはど紫外線は美肌とはかけ離れた性質を持つので
きちんとした対策を取る必要があります。

 

 

紫外線の知識を持ち、弱らない肌作りをする

紫外線 光 老化「日焼け止めやサングラスなどをしていればいい」と思っている人がほとんどです。

 

それだけでは、忙しいときや外出時間が短いときに
忘れてしまいます・・・。
その油断が禁物ですよ。

 

 

紫外線には温度がありません。
なので、暑い日だからといって紫外線が強いわけではないんです。
曇りの日、冬、雨、そんな日でも紫外線は太陽から届いています。
常に浴びていると考えて日頃から習慣として対策をしなければなりません。

 

 

また、三種類の波となって地上に届いていますが肌に刺激を与えてしまうのは
そのうちの二つです。

 

 

A波と言われているものは、少しづつ肌内部に届いてしまい
美肌に必要なコラーゲンを衰えさせてしまいます。
曇りの日でもこのA波は肌に影響を与えてしまうので注意が必要です。

 

 

B波は、肌を赤くさせて火傷をしたようなピリピリ感があります。
それほど強力な力があるということですよね。

 

 

A波、B波どちらも言える性質は、発ガン性があり肌を痛めつけてしまうことです。
肌には紫外線を通さないように何層にも重なって出来ていますが
全ての紫外線を通さないわけではありません。

 

 

いくら肌をケアしても、紫外線を浴びてしまうような環境を
作ってしまったらどんどん溜まっていき醜い肌へとなっていきます。

 

 

このように紫外線とは肌を衰えさせ、最悪の場合ガンの原因となってしまいます。
外出するときは常に肌を弱らせていると思っていてください。
毎日痛んだ肌を労わり、紫外線から守るように心がけましょう。