A波日焼け止めのPAの意味を知っていますか?

 

たいていの人はSPFを見て購入すると思いますが
PAというものも非常に大切なんです。

 

 

 

 

SPFは紫外線のB波に、PAはA波に効果があります。
A波の特徴は、B波に比べて肌をピリピリさせる力は無いのですが
何層にもなっている肌の深部まで影響を与えてしまう恐ろしいものです・・・。

 

 

赤くなったり痛みを伴うというより、
肌を黒くさせてしまう働きがあります。
そして、それがシミを生み出すメラニンの活性化に繋がってしまうんです。

 

 

 

PA値が高いほど肌が黒くなる時間を遅くさせられる

 

A

SPFは数字で表すものですが、PAは+や++などで値を表します。
+の数が多いほど、A波によって肌が黒くなるのを遅らせることが出来るんです。

 

 

メラニンが多量に発生するには時間がかかり、すぐ肌が黒くなったりシミになったりはしません。

 

 

 
人によっては一時間も経てば焼けてしまう場合もありますが、その時間を遅くしてあげれば
スキンケア次第で色が戻りやすくなるんです。

 

 

肌にはバリア機能があります。
メラニンが多くなってしまうと分散しようと働き出しますが
その働きが十分ではないと黒くなりA波が肌の奥に溜まってしまいます・・・。

 

 

バリア機能をきちんと働かせ、シミの原因、色黒の原因を作り出さないために
PA値が存在するのです。

 

現在シミになってしまっている人はPA値が高いほうがいい

 

 

日常の生活で紫外線を浴びる人はPA++でも効果はありますが
外で仕事をしていたり、海など特に紫外線が強い場所に行くとき
今、シミで悩んでいるひとはPA+++がおすすめです。

 

 

シミは肌の働きが不十分な人や、長年紫外線対策をしていない人。
光老化、肌老化によって衰えてしまっている人は
紫外線の悪影響を肌がバリア出来ずにどんどん悪くなっていきます・・・。

 

A波によって奥深くまで到達した紫外線は厄介なので
PAの意味を理解し、日焼け対策をしながら
スキンケアもしっかりしてシミの出来ない肌を作りましょう。