ノンケミカルノンケミカルの日焼け止めを使えば
肌に優しいし
紫外線に強い肌となります。

日焼け止めといってもたくさんありすぎて
どれを使っていいかわからないですよね。

 

 

SPFやPAを見て決めたり、値段が安いものを購入して使う人が
ほとんどだと思います。

 

肌を焼かないようにするためには
紫外線を吸収する紫外線吸収剤と呼ばれているものが入っておらず
肌になるべく刺激を与えないようにするため
ノンケミカルと記載されているものを使うことをおすすめします。

 

肌に優しい日焼け止めを使って紫外線対策をする

 

紫外線に当たる時間が二時間程度ならSPF20くらいでも十分なんです。
大切なのは、なるべく当たる時間を少なくし
使う日焼け止めが肌を刺激していないかどうかということです。

 

いくら、丁寧に日焼け止めを塗っていても
肌機能が低下し、ニキビや肌荒れといったトラブルになってしまったら
シミやくすみを引き起こしやすくなってしまいます。

 

敏感肌じゃない人でも刺激となるようなことは避けるべきなんです

 

スプレータイプやローションタイプのものがありますが
これも肌にとってはいいものではありません。
乳液やクリームタイプのもののほうが肌への刺激は少なくて済みます。

 

汗に強くて落ちにくいものは、洗い落とすときに肌を傷つけてしまうことがあるので
使わないようにしましょう。

化粧品に含まれている日焼け止め成分は肌を弱めてしまう

 

日焼け止め ノンケミカル下地やファンデに日焼け止め効果があると書かれた商品がありますが
ほとんどのものが紫外線吸収剤が配合されていることが多いんです。
そして、ケミカルも入っているので肌を痛めてしまいます。

 

 

日焼け止めも出来る化粧品は、紫外線のことよりも
メイクの仕上がりを重視して作られています。
なので、きちんと紫外線予防が出来るかといったらそうではないんですよ。

 

日焼け止めに使うものは、日焼け止め専用のクリームや乳液を。
メイクは、日焼け止め効果があると書かれていないもの。
きちんと分けることによって、肌への影響が軽減されます。

 

スキンケアで肌に優しいものを使うように
日焼け止めも刺激を与えないノンケミカルのものを使い
紫外線を予防していきましょう。