230美肌を手に入れたい・・
きちんとしたスキンケアをしたい・・・
そう考えるのなら、キチンとした体内美肌を作り出す
食材・成分があります。
それがベータカロチン(ビタミンA)です。

ベータカロチンは抗酸化作用が強く、
肌の荒れやシワ、老化を防ぐ効果があります。

このベータカロチンはカボチャや人参などの緑黄色野菜に多く含まれています。
また、ビタミンCにも抗酸化作用があります。
ビタミンCは紫外線対策に非常に効果があると言われています。

美肌に良いとされているベータカロチンやビタミンCを多く含む野菜は
一体どのようなものにふくまれているのでしょうか?
下に一覧を作成しました。(代表例です)

ベータカロチンを多く含む野菜 ビタミンCを多くふくむ野菜
かぼちゃ 赤ピーマン
にんじん めキャベツ
モロヘイヤ 黄ピーマン
ほうれん草 パセリ
春菊 青ピーマン
あしたば ブロッコリー
チンゲンサイ カリフラワー
小松菜 キャベツ
だいこんの葉 ミニトマト
にら アセロラ
シソ ゆず
さつまいも レモン
海苔

一般的にベータカロチンを多く含む野菜を緑黄色野菜
ビタミンCを多く含む野菜を淡色野菜と呼びます。

 

美肌を作る・保つためには
1日に緑黄色野菜を100g、淡色野菜を200g食べましょう。
ただし、コンビニやスーパーなどの惣菜物は
調理してから時間が経ってますので、ビタミンが壊れていたり、
添加物が多く含まれているので、なるべくなら避けましょう。

 

野菜は自分で調理して食べるのがベストです。
この調理の際には、茹でたり、炒めるのが良いです。
ベータカロチンは脂溶性であるために、生で食べても体に吸収されにくいとい性質があります。
なので、茹でたり、炒めたりしてあげる事で体に吸収されやすくなります。