紫外線対策食べ物でも紫外線対策が出来ることをご存知ですか?

紫外線は夏場が強いと思われていますが、
実際のところ一年中発生しています。
特に強い場所は、
山や海、川といった普段はあまり行かないところなんです・・・。

 

水で反射してしまい光が強くなってしまう海や川。
太陽に近く紫外線が届きやすい山。
このようなところに行く場合は、いつも以上の対策が必要とされます。

 

 

海や川に行く前から出来る紫外線対策

 

びたみんC キャベツシミは出来てしまうとなかなか消えずに
残ってしまうものです。
ターンオーバー機能がうまく働けば薄くはなっていきますが
完全に無くなることはありません・・・。

 

 

シミ予防に力を入れて出来ない肌作りをしていきましょう。

 

 

ビタミンCが肌の酸化を抑えるということ知っていますか?
でも、サプリメントを摂れば良いということではありません・・・。
きちんと食品から摂ることが大切なんです。

 

 

サプリメントから摂るのと、野菜や飲み物から摂るのとでは
体の吸収率が大きく変わります。
一日に必要なビタミンCの量は、だいたいキャベツの葉一枚分と言われているので
苦痛に感じるほど食べたくても大丈夫ですよね?

 

 

シミのない美肌になるためには
日焼け止めをこまめに塗ること、ビタミンCを摂ることが効果的ですよ。

 

SPF50+やPA+++を使って守りましょう。

 

普段に使う日焼け止めはSPF30やPA+ほどで問題ありません。
ですが、紫外線が強い場所となるとその程度では効果が無く
塗っていても焼けてしまう状態となってしまいます。

 

 

海や川に入った後、山に登って汗をかいてしまうと
日焼け止めは落ちてしまいます。
ウォータープルーフを使えばいいと思うかもしれませんが
普通の日焼け止めより肌を痛めて肌荒れになる人もいます。

 

洗い落とすときもクレンジング剤を使わなくてはいけなくなりますので
角質細胞が壊れてしまったり、潤いが無くカサカサな肌へと変わっていきます。

 

なので、一度塗ったまま放置せずにこまめに塗り直し
紫外線を通さないように注意することが大切です。

 

汗や水に塗れた肌をすばやく拭き取り、日焼け止めを塗るということを
きちんとしていれば肌を焼かなくて済みます。